使いやすいデザイン

新生児の肌着選びで肌に対しての優しさも大切ですが、使いやすさも重要なポイントになります。コンビの新生児肌着は素材にもこだわっていますが使いやすいデザインにもなっています。コンビの新生児肌着はワンタッチテープになっており、赤ちゃんの手を通して撫でるようにテープを止めるだけで着替えることができるデザインです。コンビでは短肌着とコンビ肌着のデザインを提供しており、短肌着だと紐で結ぶデザインになっていて、紐も丸まりにくい素材になっています。コンビ肌着だとかけ違いを防止してくれるボタンがついており、暗い夜でも触っただけでわかる設計になっています。

ベビー夏用のガーゼ肌着や秋冬用のふんわりあったか肌着もコンビでは提供しています。夏用のガーゼ肌着は通気性が高く汗もしっかり吸収してくれるので、肌をさらさらの状態をキープできます。秋冬用の肌着はエアーニット素材を使用しており生地と生地の間に空気層があることで、体温を下げないデザインになります。コンビが提供している新生児肌着は季節に合わせたデザインや無地タイプや柄物などデザインも豊富です。オンラインサイトではラッピングサービスも提供しているので出産祝いのプレゼントとしても利用することができます。

コンビの新生児肌着

肌着ベビーカーやチャイルドシートを販売しているコンビでは新生児肌着も販売しています。オンラインショッピングサイトもありますので新生児肌着をチェックすることができます。コンビの新生児肌着は、赤ちゃんの肌に負担のない素材を選び、使いやすさも重視したデザインになっています。コンビの新生児肌着は山東綿(さんとうめん)というコットンを使用しており、100%コットン素材になっています。山東綿が使用されているので、肌に対しても優しい素材でありデリケートな新生児の肌に対しても優しい素材になっています。

コンビの新生児肌着は洗濯への強さも意識したデザインになっています。1日に何度も着替えをするので、何十枚も新生児肌着は必要になってきます。洗濯をしていかないと肌着が足りなくなってきますが、何度も洗濯をしていくと首回りがよれてしまったり、繊維が固くなって肌への負担がかかってしまったりする肌着もあります。コンビでは何度も洗濯することを想定して、洗濯を繰り返しても優しい状態をキープするようなデザインになっています。衿の部分も型くずれを防止してくれるデザインになっているので、洗濯を繰り返すことで生地が縮んでしまう心配はありません。

新生児肌着の選び方

赤ちゃん赤ちゃんの肌はデリケートなので、なるべく肌に負担がかからない衣類を選びたいです。初めての赤ちゃんの場合だと、どれを選べばよいか分からないことが多いです。新生児肌着を購入する際に分からないことには、素材の選び方や種類、何枚くらい必要かがあります。赤ちゃんが生まれてからだと忙しくなってしまうので、事前に準備しておきたいです。

新生児肌着の種類は赤ちゃんが生まれたタイミングによって変わってきます。夏に生まれた場合と冬に生まれた場合でも新生児肌着の選び方に違いがでてきます。夏と冬では気温の違いがありますので、夏であれば通気性が良くて汗をしっかりとってくれる肌着が良いです。冬になると気温が寒いので赤ちゃんの体温を下げない肌着選びが大切になります。新生児はデリケートなので季節に合わせた肌着選びはポイントになります。

成人であれば仕事中の服と、家に帰ってからの室内着と服を1日の中で頻繁に変えることはありませんが、新生児になると1日の中で何度も着替えることになります。赤ちゃんの体調によっても個人差はありますが、体温調整が苦手な新生児になると新生児肌着を1日の中で何度も着替えることが大切になります。一般的に赤ちゃんは多い時で1日に5回は着替えることがあります。汗をたくさんかいた場合は何度も着替えることがありますし、おむつも1日に平均15回程度かえることもあります。成人の感覚で新生児肌着の数を揃えていては足りなくなってしまうことがあります。